よくわかる!テレワーク入門ガイド

ホーム > テレワークについて > テレワーク制度導入の課題及び対策法

テレワーク制度導入の課題及び対策法

家、あるいは出先でも事務所と同じように勤務することができるテレワークについては、高速でのインターネットの周辺環境の家庭への浸透や情報通信の機器の高機能化並びに低コスト化にともなって、急テンポで注目度を高めています。
それから、事務所のコスト削減や人材活用、さらに会社のイメージ向上など色々な戦略のもと、たくさんの会社組織がテレワークを組み込み、成果を出してきています。
しかしながら一方で、テレワークを採用することによって現れる新しいリスクなどの留意すべき点もあります。
テレワークの全貌を学習することによって、テレワーク取り入れ後のリスクを正しく理解できるでしょう。
そして、テレワークの効果的な活用法を見出すことができます。
ですから、テレワーク導入に対する会社への影響を理解することが重要になります。


会社の組織にテレワークを新たな形で導入することを通じて、子供の世話や介護などの個人的な事情によって長期的な休職や退職に追い込まれていたベテラン社員の継続雇用であるとか、通勤時間を効果的に活用することが可能となっています。
その一方で、新たな形での勤務の仕方の確保と引き換えに、社員たちは気楽な気持ちで話し合いができる同僚やチームメイト、信頼の置ける上司が近くに存在する周辺環境を失くすことになってしまいます。
スムーズなコミュニケーション、あるいは連携を図れる周辺環境を設定することは、テレワーク組み込みによって労働生産性を高くするための必要条件となります。
バーチャルオフィスシステム、あるいはWeb会議システムやテレビ会議システムを活用する取り組みを行うことを通して、在宅勤務でも勤め先と等しいコミュニケーションや連携を行うことができることになるでしょう。


テレワークに関しましては、自分自身のテンポで勤務することが出来る利用価値の高い方策ですが、しかしながら孤独感を感じ易い勤務の仕方と言ってもいいでしょう。
こうした孤独感につきましては、仲間意識並びにチームワークそれから、業務に関しての熱意などたくさんのものを奪い取るリスクのあるファクターであるため、排除する必要があります。
テレワークのための環境が新しく作り出す孤独感を消し去って、テレワーク履行による労働生産性の向上並びに離職阻止の効果向上を成就させるには、社員同士がダイレクトに顔を見合わせて意思の疎通をはかることが最も効果があります。
従って、仮にすべての会社の業務プロセスをテレワーク環境下で完了することが出来たとしても会社の組織サイドは周期的に対面する機会を設けることが重要になります。

次の記事へ

ページトップへ