よくわかる!テレワーク入門ガイド

ホーム > テレワークについて > テレワーク制度を会社に導入するメリット

テレワーク制度を会社に導入するメリット

テレワークと言いますのは、ICTを有効活用して、時間並びに場所の制限を受けることなくフレキシブルに勤務することができる勤労スタイルのことです。
teleには遠方のといった主旨があり、これとworkをセットで、遠隔勤務という意味を持ち合わせています。
在宅勤務に関してはテレワークのひとつで、家にいながらパーソナルコンピューター及びネットや、電話、FAXなどを通して勤めるワークスタイルを指します。
これ以外に携帯やスマホを使ってクライアント先や移動上のカフェなどで勤めるモバイルワークやサテライトオフィスなどで勤める施設利用スタイルの勤務もあります。
さらに、会社に雇い入れられている人が活用する雇用スタイルのテレワークやSOHOといった自営スタイルのテレワークという分け方もされています。


テレワークのメリットとしまして、まず通勤の必要性がないことがあげられます。
通勤が不必要になる、または少なくなることから、通勤時間をカットできます。
とりわけ大都市圏では、通勤ラッシュに因るストレスが消失するメリットを無視できません。
通勤によって気力を失うことなく業務に取り掛かれます。
さらに、育児や介護を行いながら仕事が出来ます。
子供がいるケースで、在宅勤務ならば家で子供の面倒を見つつ仕事することができます。
保育園へ預けれない場合は役立つでしょう。
育児のみならず介護が求められる家族が存在している場合も、業務をこなしながら世話ができます。
他にも、作業に対して集中できるメリットがあります。
家で業務に求められるスペースとパーソナルコンピューターといったツールをそろえれば、作業に集中でき、スキルを発揮することができます。


経営者サイドから考えると、1ヶ所の事務所のみに会社の業務機能及び社員が集中していない事は、地震といった災害が生じたときのリスク分散に結びつきます。
災害の際に大事な会社の業務をストップさせない事業継続計画対策としてもテレワークは効果が期待できます。
それに加えて、テレワークに因る勤務しやすさの整備に関しては、社員の離職する率の低下という結果を生んでいます。
特に業務継続したくても出産や子育て、配偶者の転勤などによって退職する他ないことが多い女性職員にとって、テレワークシステムは利用価値が高いといえます。
テレワークが含まれたワークスタイルの多様性推進によりまして、大きく離職率を引き下げることに成功した企業があります。
人材の確保の事を考えてもテレワークは不可欠といえるでしょう。

ページトップへ