よくわかる!テレワーク入門ガイド

ホーム > テレワークについて > テレワークの増加を加速させるICTの普及拡大に期待の大きい地方

テレワークの増加を加速させるICTの普及拡大に期待の大きい地方

パソコンはじめ様々な情報通信端末等、ICTの普及により業種や職種によってはサラリーマンが職場へ出勤しないと仕事のできない時代が大きく変わってしまいました。
在宅のまま、あるいは、特定のサテライトオフィスで仕事をすることができれば通勤しないでもその時間を仕事に利用できるわけです。
従って、サラリーマンにとって毎日、自宅から時間をかけて通勤をしないで済む点がメリットになりますが、一方で、その時間に仕事をすることになると仕事や上司に追われてデメリットと感じる人もいます。
しかしながら、大都市圏では通勤に要する時間や混雑ぶりを考えると在宅勤務を好意的に捉える人の方が多いはずです。
但し、自宅が必ずしも仕事をする環境になっているとは限らないので、職場と自宅の間に仕事空間を用意して仕事をするスタイルも増えてきました。


時間と場所を柔軟に捉えるこうした働き方がテレワークとして若いサラリーマンには特に好評のようです。
働き方改革の一環として仕事へのモチベーションの高い人はこうした働き方を家庭生活と両立させて時間を有効活用できるようです。
中でも、夫婦共働きしている場合に時間的な余裕が生まれるようです。
また、上司や周囲の顔色をうかがいながら仕事をする必要がない点も好評のようです。
一方で、仕事への積極性の欠けた人の中には職場を離れたテレワーク中にだらけてしまい、仕事の能率が下がってしまう人もいそうです。
そこで、経営幹部としては組織全体の生産性アップに良く目配りしていく必要があることは間違いありません。
こうしたテレワーク型の働き方はグローバル型企業で時差に関係なく事業を展開する職場ほど、導入した際の効果の大きさを実感できるようです。


国全体としても国際競争に勝ち抜く企業を増やしてGDPアップを図る働き方改革の一環になるテレワークの推進に積極的な支援をしています。
こうした生産性アップの活力が人口減少や少子化の続く我が国の経済を引っ張ってくれることを期待するわけです。
もちろん、テレワークは単に通勤時間の節約を考えた働き方にとどまるわけでありません。
高度情報通信網が全国に整備されているわけですから、業種や職種によっては大都市から遠く離れた地方に自宅を構えてテレワークできるし、既に実行している企業もあります。
人口減少、特に、地元の若者が学校を卒業すると大都市圏へ転居してしまう地方にとってテレワークの更なる浸透は大きな期待を抱ける働き方と言えます。
既に、若い家族の中には地方へ移住して、都会では得られない豊かな生活環境の中で生活できる喜びを感じている家族も増えつつあります。
こうした生活体験を都会の人たちに知ってもらう機会を増やすことがテレワークの普及に役立つはずです。

次の記事へ

ページトップへ