名刺作り、名刺印刷、渡す、管理まで

名刺作り?渡す、管理まで

「はじめまして。〇〇と申します。」と初対面の方に口頭で言っただけで、覚えてもらえるでしょうか?そんな時に名刺があれば、自分がどんな人なのか、一目瞭然なのです。名刺を作る上で気を付けないといけないことを見ていきましょう。

名刺の1番の顔

まずは、名刺といえば名前ですね。相手にすぐ覚えてもらえるようにわかりやすい書体で簡単な読み仮名でもフリガナを書いておきましょう。名前は名刺の中でも一番伝えたいことなので、大きくわかりやすく読みやすいデザインにしましょう。名刺を見て、名前を探すようなことがないように見やすいようにしましょう。最近はキラキラネームが多く存在するので、普通の読み方でもキラキラネームかもしれないと戸惑う人も少なくありません。
会社などオフィシャルな場面では明朝体など見やすい書体にしましょう。
学校など友達に渡す場合はデザイン重視な書体で構いません。しかし、今後友達になるためには名前を覚えてもらわないといけません。フリガナは忘れないようにしょう。また、あだ名などニックネームを書いておけば、すぐ仲良くなれるでしょう。

デザインはシンプル?ユニーク?

パッと見て、その人がどんな人なのかわかるようなデザインにしましょう。仕事なので、取引先などオフィシャルな場面では、シンプルなデザインが良いでしょう。その際は、自分の趣味ではなく、役職名や肩書きなど、その名刺を見れば自分に連絡ができるようにしましょう。相手はその名刺でしかあなたに連絡をとることができないかもしれません。電話番号やメールアドレスも1つだけでなく、通じなかった時に連絡をいただけるように、会社の連絡先や自分の携帯番号なども書いておくと良いかもしれません。
しかし、学校など友達になりたい人に渡すのなら、ユニークなデザインにした方が相手に良い印象を与えられるでしょう。その名刺は渡した人以外の方が見るかも知れません。だから、ふざけすぎないようにしましょう。イラストや写真などをつけると、自分の趣味や好きなものを何気にアピールすることができ、名刺を渡した際に話題にできるかもしれません。

名刺のマナー

もし、自分が渡した名刺が床に落ちていたり、落し物にあったらどう感じますか?それは本当に失礼なことなので、やめましょう。また、相手に連絡。取りたい時、名刺が役に立つので、名刺ファイルなどを購入して、ファイルしておくと困らないでしょう。
学校や友達から名刺をもらう時は普通に貰えばいいですが、会社などで受け取る時はきちんと両手でもらい、机の上に並べましょう。2人の方からもらう場合は、位の高いからもらい、机の上に並べる時は、相手が座っている順番で置きましょう。そうすると、もし名前がわからなくても、名刺の位置で相手の名前を間違えるのとなく、失礼なことをせずにすみます。
名刺1枚ですが、失礼の内容に受け取り、きちんと管理しましょう。