よくわかる!テレワーク入門ガイド

テレワークの比較が簡単にできます

当サイトは、複数のテレワークサービスを比較して、閲覧した方が自分にとってふさわしい業者を選べるように情報を提供しています。テレワーク導入に興味があるけれど多すぎてわからないという方は、チェックをしていただければ選びやすくなります。

テレワークの導入にはある程度高額な費用がかかりますので、一度導入した後に簡単に変更することは難しくなります。したがって、事前に検討はしっかりと行う必要があります。特に、メインとなる具体的なサービス内容や料金、サポート内容などは長く利用するにあたって重要です。

これらの部分に対して当サイトは分析を行って、特徴をわかりやすくしています。ご自身でも確認していただきやすいようにまとめていますので、重視したい部分を斜め読みしていただくだけでも、比較はしやすくなるので是非活用してください。

FRESH VOICE

総合評価
★★★★★
サービス度
★★★★★
掲載情報量
★★★★
顧客満足度
★★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

FRESH VOICEは、テレワーク制度の導入を考える企業に、その導入方法や運用方法の最適な手法とツールを提供する会社です。各分野のプロフェッショナルが、短時間で生産性の高いテレワーク制度の導入を実現します。

在宅でのテレワークを導入すると、通勤時間の負担がなくなり、業務に集中できる時間が増えます。また、WEB会議システムは安全なセキュリティのもと、場所を選ばずに行えます。その結果、効率的に業務が進んで生産性が高まり、残業時間を減らすことができます。

在宅のテレワークは、出産や介護などで勤務時間に制限がある人にも最適です。時間の自由度が高く、いい人材が継続して勤務できる環境が作れます。FRESH VOICEは専門のコンサルチームが現場の理解と協力を得て、納得の上で制度実現できるようサポートします。

大塚商会

総合評価
★★★★★
サービス度
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
顧客満足度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

大塚商会は、企業に対してITの活用法や商品のサービスを提供している会社です。様々なジャンルの企業に対応できる設備が整えられており、サポート体制も充実しています。日々、進化していくITの情報を共有し、企業のバックアップを行っている会社です。

働き方改革により注目を浴びているテレワークについても、初歩的なことから利用法まで詳しく説明、要望に叶ったサービスを受けることが可能です。時間の有効利用やコスト削減、その結果向上する生産性などのメリットを踏まえた働き方を提案してくれます。

HPからは働き方改革についての資料を無料で提供、IT関連のサービスの解説なども掲載しています。また、セキュリティ対策も紹介しており、安心・安全面でも万全をサポート体制を取っています。さらに、各地でセミナーも行い、企業の意識啓発も推進している会社です。

RSUPPORT

総合評価
★★★★
サービス度
★★★
掲載情報量
★★★★★
顧客満足度
★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

テレワーク制度は知りつつも、今までの仕事のやり方と変わってしまう、コミュニケーション不足になるなどの不安から導入に踏み切れない企業も多いはず。RSUPPORTは手間とコストを省いたツールを通じて、テレワーク導入の実現をサポートします。

社外からでもオフィスのパソコンにリモートで接続できるRemoteViewを使えば、いつもと同じ環境で仕事ができ、業務効率が下がる心配もありません。またRemoteMeetingなら、画面やドキュメントを共有しながらWeb会議ができ、円滑なコミュニケーションが可能です。

助成金制度を利用すれば、成果目標達成で一企業あたり上限150万円まで、サービス新規導入コストの3分の1が支給されます。目標未達成でも支給されるので、費用面で悩む企業の大きなサポートになります。

ソリトンシステムズ

総合評価
★★★
サービス度
★★★★
掲載情報量
★★★
顧客満足度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

ソリトンシステムズの提供するテレワークシステムではセキュアブラウザを使用して、端末の中にデータを残すことなく社内システムにアクセスし編集することができます。これらのデータは端末上で保管する操作をすることができますが、実際に端末内のファイルの中に残る事はありません。端末の中にデータが残らないのでセキュリティを高める効果があり、テレワークの導入のハードルを下げます。

ソリトンシステムズでは、社外から安全に会社のサーバーを接続するためにインターネット利用の時にそれらの空間をローカル領域と保護領域に分けることができます。個人の管理ツールから社外サーバーにアクセスすることができます。そこから、編集したデータは必ず保護領域へデータを移動することが義務付けることができます。その上、移動することを忘れることを防止するシステムが実装されています。メッセージなどで必ず保護領域への移動を促されるようになっています。これらの作業から情報漏えいリスクを低くする効果があります。

テレワークを行うために必要な端末のOSを揃えることができないケースが考えられます。その場合、ソリトンシステムズが提供しているリモートデスクトップツールを利用することができます。ユーザーは使用する端末とペアリングしている端末に専用ソフトをインストールするだけで利用することができます。

kintone

総合評価
★★★★
サービス度
★★★★
掲載情報量
★★★★
顧客満足度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

kintoneでは、テレワーク改善に寄与しており、例えば案件管理アプリでは、エクセルのデータの読み込みやドラッグ&ドロップにて簡単に行えます。データのグラフ化も自由に設定できて、美しく資料をまとめることが可能です。

日報アプリについては、楽しい画面でソーシャルネットワークのように書き込みができます。カレンダービューから一覧を見たりコメントの受信をしたりすることも可能になっています。通知はスマートフォンやパソコンのアプリにて受け取ることが可能です。

kintoneのシステムを反則プロジェクトで応用すると、売上管理や顧客分析、経費を一つの画面で集約できます。また、閲覧範囲も限定できるので、セキュリティに関しても問題ありません。時にはゲストユーザーを招待するという使い方も可能です。

NIコラボ スマート

総合評価
★★★
サービス度
★★★★
掲載情報量
★★★★
顧客満足度
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

NIコラボ スマートは、テレワークの現場で作業の進捗状況を管理するうえで最適なツールのひとつです。また、インターネット環境があれば、場所を問わず利用できるため、フリーランスや在宅勤務のワーカーに最適です。

NIコラボ スマートは、高品質でありながら月額料金がリーズナブルに設定されており、コストを抑えながら継続的な利用も可能です。なお、専門のスタッフによるアフターフォローも充実しており、システムトラブルの発生時にもすぐに対処できます。

NIコラボ スマートには、テレワークの現場で働く人の声に応えた機能が続々と導入されています。そのため、難易度の高い業務を正確にこなしたり、作業の効率化を図ったりするうえで大きな役に立つことがあります。

テレワーク制度を自社に導入する際のデメリット

テレワークシステムにはデメリットも存在します。導入や運用にあたり多種多様な課題があることを意識し、応じることが不可欠です。 社員のデメリットとしまして、適正な評価をされない可能性があります。 就労状況や態度をダイレクトに見てもらうことができないことから、業務に対する適切な評価を受けることが出来ない恐れがあります。また、上司によって勤怠管理されない点も留意点です。気楽さがある一方で、就労状況や態度を根拠にしているプラス評価がされにくいとも考えられます。 また、自己管理が実行しにくい点もあります。 テレワークにより指示を受けることになる頻度が減り、提示された作業のこなし方が思うままになると、その分だけきちんと自己管理する必要があります。日程に沿って会社の業務を行う管理が、オフィスで業務につく以上に求められます。

また、コミュニケーションの不足、あるいは孤立もデメリットといえます。 一丸となって業務につく社員がそばにいない状態が、孤立感をもたらすことにつながります。Eメールやチャットそれから、電話はもちろん、Web会議並びにテレビ会議などのICTの有効活用、一定期間ごとのミーティングによって補うことが必要になります。 会社の経営者のデメリットとしまして、ITのセキュリティ管理が必須ということがあげられます。 ネットを多用することから、セキュリティ問題を克服することが不可欠です。それに加えて、利用するパーソナルコンピューターのウイルス感染や誤操作が含まれたリスクも考えて対策することが重要になります。非常に多くのテレワーカーが利用することになるスマホ、タブレットといったモバイル端末に関してもセキュリティ管理が必須です。

また、経営者の留意すべき点としまして、就労実態の不可視による部分があげられます。 会社の経営者サイドがテレワーカーの就労実態を理解し辛いことはウィークポイントといえます。勤務する時間をどういったやり方で管理するかも非常に大きなキーポイントになります。個々の会社の業務のログ取得システム、或いは業務ログ関しての管理ツール等の有効活用を、たとえ費用がかかったとしても、想定するべきでしょう。 テレワークを採用する際は、こうしたデメリットをきちんと考慮しておくことが必要不可欠になります。したがって、会社の経営者も含めてテレワークによってどういった利益がもたらされて、どういったやり方でウィークポイントをフォローしていくかを、自分の会社のケースに落としこみ検討することが重要になります。

ページトップへ